クレジットカードの保管の仕方について

Posted by asadmin - 11月 7th, 2014

クレジットを持っている人は、どんなふうにカードを保管していますか?
お財布の中にしまっていると言う人はそのままでも構いませんが、違う場所に保管している人は注意が必要です。
クレジットカードは、磁気に弱いのでブラウン管テレビや電化製品の近くに置いてしまうと磁気異常を起こしてしまうのだそうです。
ですから、クレジットカードはできるだけお財布に保管したり、他の磁気カードと重ねて保管したりしないようにして下さいね。


クレジットカードは繊細に出来ている

電化製品に弱いため避けた方が良いのですが、他にも気を付けたいことがあるんです。
それは、裏面にある黒いストライプなんですが、こちらを傷つけてしまった場合、カードが利用出来なくなってしまいます。
お財布にしまっていれば安心と言いましたが、こすれて傷つけてしまわぬよう常に注意しながら保管することが大切です。
また、学生はあまり使用しないからと言ってどこかへ紛失してしまうケースがあるようなので、その点にも注意が必要。


カードケースにしまわない!

よくカードケースに入れておけば紛失することもないし、持ち歩きやすいと言いますが、良くないみたいです。
カードケースは、色々なカードを重ねて入れるものなので、やはり磁気がおかしくなってしまう確率が高いようです。
もし、クレジットカードなど何枚も持つ時は、入れ物を分けて保管することがおすすめ!

クレジットカードは使い分けがミソ?

Posted by asadmin - 11月 7th, 2014

平均的に多くの人がクレジットを1枚持っているとは思いますが、あなたは何枚持っているでしょうか?
クレジットカードは、それぞれ備わっているスペックが異なりますから、使い分けてみるのが良いでしょう。
ルーズな人は避けるべきですが、しっかり管理できる人は、その目的によってクレジットカードを使い分けた方が賢いです。
買い物でお得するカードはスーパーで、旅行でおとくなカードは旅行で使う専用にするなど、色々使い分けてみてはどうでしょうか?


クレジットカードは多くても3枚までにしておく

クレジットは一人何枚まで持っていいですよ、という決まりが無いため自由に持てるようになっています。
これは、学生でも全く同じで自分がしっかり管理して正しく利用できるのであればという事なので、審査も厳しくなります。
クレジットカードの審査が厳しくなってきてしまう理由は、これだけカードを持っていてきちんと返済できるのか?
そうカード会社が考えてから判断を下しているため、3枚目あたりから審査が少々厳しくなってくるようですよ。


念のために持っておく

自分はいつも現金だからカードの必要なんかない、そう思っている人もいると思いますが、ちょっと考えてみて。
もし、お会計の際、お財布を開けてみたらお金が無かった・・・なんて言う時、クレジットカードがあったらスムーズに済ませられます。
20歳以上であれば申し込みが出来るので、学生でもクレジットカードを1枚持っておくことをおすすめします!

学生のうちからクレジットカードを使おう

Posted by asadmin - 11月 7th, 2014

クレジットなんて若いうちから持つのは反対!と言う人も多いかもしれませんが、良い機会だと思いませんか?
20歳以上で安定した収入さえあれば、クレジットカードを持つことが出来ますから、若いうちから利用しておくのも良い経験です。
学生の頃から正しくクレジットカードを利用していれば、大人になり同じカード会社のカードを持つ際、信用してもらえます。
正しく利用していれば、この人は今までしっかり利用していたからカードを発行しても大丈夫だと、信用度が増すのだそうです。


クレジットカードにあるキャッシング機能

また、クレジットにはキャッシング機能がついているので、ちょっとしたときにお金を借りる事も可能なんです。
多額借りるのは難しいですが、少額であれば借りられますから困ってしまった時には頼ってみてもいいでしょう。
特に、学生は付き合いなど色々あるでしょうから、時々クレジットカードのキャッシングを利用してもいいと思いますよ。
ただし、その際自分が無理なく余裕を持って返済できる金額にしておきましょう。


学生におすすめのカード

多くのカードがありますが、やはり年会費のかからないものが持ちやすいのではないでしょうか?
学生専用クレジットカードも出てきていますから、そちらに申し込みをしても良いですし、気に言った物を持つのもいいですね。
一番おすすめなのは、学生専用カードで年会費が無料、または少額のものです。


参考情報

初めてのクレジットカードおすすめ比較(http://www.properamerican.com/)

ホワイトでもクレジットカードの審査には不利?

Posted by asadmin - 11月 7th, 2014

クレジットを発行してもらうには必ず審査を受けますが、この際ブラックの人だと申し込みが出来ません。
ブラックとは金融事故者の事で、過去に自己破産をしたり滞納や遅延ばかりしている人のことを意味します。
ホワイトとはその逆で、毎月しっかり返済などをしている綺麗な情報の事、または一度もローンやクレジットカードの利用が無い事です。
ホワイトであれば審査は無事に通れるだろうと思っている人もいますが、実は審査では不利になってしまう場合もあるんです。


ホワイトを避けてクレジットカードに申し込む

若い人であれば一度もクレジットやローンを使ったことが無くても、怪しく思われることはありません。
20代の学生とかOLの人であれば問題ないのですが、歳を積み重ねてそれでもホワイトだと過去に事故を起こしているのでは?
そんな風に怪しく思われてしまい、クレジットカードの審査に通れない可能性もあるみたいなので、気を付けて下さいね。
ですから、学生のうちからクレジットカードを1枚、念のためでもいいので持っておく方がいいのかもしれません。


年会費について

クレジットには年会費というものがあり、無料のものから少し高額のものまで色々あります。
クレジットカードの年会費は、そのカードのスペックによって異なるらしく、年会費の高いカードには多くの特典があります。
年会費無料だからと言って、スペックが劣るわけではないので、初心者には年会費無料のカードがおすすめです。

クレジットカードの利用限度額について

Posted by asadmin - 11月 7th, 2014

カードローンやキャッシングには、審査の際必ずどのくらいまで利用できるのか限度額が決定されます。
その利用限度額というものは、もちろんクレジットカードにも設けられていて、やはり審査の時に決定されることが多いんです。
この限度額は、個人の年収によって変わってくるものですから、みんな同じというわけではないんです。
クレジットカードを持つ際には、自分がどのくらい利用できるのかという事を、しっかり把握するようにしておきましょう。


クレジットカードの限度額を変えたい

クレジットの利用限度額を変更したい場合、申し出をすれば変更しても大丈夫なのか審査してもらえるようになっています。
これは、社会人や女性、男性、学生に関係なく申し込みが出来るようになっていますから、変更したい時には申し込みを。
クレジットカードの利用限度額変更のタイミングは、利用してから半年後が目安だと言われていますので、参考にしてみては?
金額を増やすだけではなくて、逆に減らすことも出来ますので、使い過ぎが怖いと言う人は限度額を少し下げてみましょう。


どうすれば変更できる?

限度額の変更は、自分の利用状況によって大きく変わってくるものとなっています。
遅延することなく正しくクレジットカードを利用している人であれば、優良者として審査もスムーズに通れるでしょう。
限度額を変更したいと考えている方は、毎回きちんと正しくクレジットカードの利用をおすすめします!